焼き芋 土力 ~ちりょく~ ショッピングサイトへショッピングサイトへ

安納芋(宮崎県)

安納芋(宮崎県)

元祖蜜芋!!焼くだけでスイーツに大変身

時間をかけてじっくり焼くとクリームのようにねっとりとした食感で糖度は40度前後になります。

糖度の割にカロリーは低く、焼いたあとに冷やしてアイスクリームのような感覚で食べることもできる。安納芋の甘さの秘密は他のお芋と違い、ショ糖をたくさん含んでいることです。しっとりとした食感はオクラや山芋などに含まれている多糖類を多く含んでいるからです。
ご購入はこちら→


紅はるか(茨城県)

紅はるか(茨城県)

クリーミーな食感と上品な甘さに人気急上昇

「九州121号」と「春こがね」を交配させ誕生した品種です。
時間をかけてじっくり焼くことで滑らかな食感と上品な甘さが味わえ、 冷めても硬くならないのが特徴です。

紅はるかは外観に優れ、しかも蒸しいもにした時の糖度が高く、とても美味しい芋です。高い糖度の糖質の中でも麦芽糖が占める比率が高い傾向にあると言われ、食べてみると強い甘さにもかかわらず後口はすっきりしてます。果肉の色は黄白色で、やや粉質で、加熱するとしっとりとした食感に成り、焼いた時の甘さはあの安納芋とも比較されるほどで、非常に甘く美味しい焼き芋の資質をそなえています。
ご購入はこちら→


シルクスイート(茨城県/宮崎県)

シルクスイート(茨城県/宮崎県)

シルクのような滑らかな食感!天然のスイートポテト

「春こがね」と「紅まさり」を交配させ誕生した品種。
じっくり焼くと、滑らかな舌触りと後口さっぱりとした上品な甘さをお楽しみいただけます。

外観が濃い紅色の皮に、中身がクリーム色をしています。収穫して貯蔵庫で2~3ヶ月貯蔵することで粘質へと変わり糖度が高くなり甘くなります。
十分に貯蔵されたものは水分が多く絹のようにしっとり滑らかな舌触りに焼き上がり、甘い焼き芋になるとされています。
ご購入はこちら→


鳴門金時(徳島県)

鳴門金時(徳島県)

関西で大人気の鳴門金時!香ばしいホクホク感がたまりまへん

四国・鳴門海峡のミネラルをたっぷり含んだ砂地で栽培しています。
甘さ控えめでホクホクとした栗のような食感は、まさに「ザ・焼き芋」。

鳴門金時の皮は全体にムラの無い美しい紅色をしており、中身はクリーム色で粉質です。焼くなど加熱すると黄色くホクホクとした甘い芋に仕上がります。美味しい食べ頃の旬は、収穫から2~3ヶ月貯蔵して糖度が上がったものなので、収穫の最盛期は8~9月ですので、11月頃から2月ごろまでが美味しい旬といえます。
ご購入はこちら→